学科紹介

Introduction

自然科学の知を統合して新しい分野を開拓する人材を養成する。

統合自然科学科では、さまざまな学問領域を自由に越境・横断することにより、多様な自然科学の知を統合し、新たな領域を開拓できる人材の養成を目指します。また同時に、広い分野での活躍を裏づける高い専門性と、幅広く豊かな知性を兼ね備えた真の「自然科学教養人」を育成します。

本学科は、「数理自然科学」、「物質基礎科学」、「統合生命科学」、「認知行動科学」の4つのコースと「スポーツ科学サブコース」で構成される、柔軟で多様な選択が可能な教育システムです。そこでは、自然の数理的構造を探求する数理科学、原子から生体物質まで広く物質の真理を追求する物質科学、生体と生命現象の本質に迫る生命科学、人間・動物などの個体や集団が研究対象の認知行動科学、さらにはスポーツ科学まで、深さと奥行きと広がりをもつ多彩な科学の世界を,学生自身の選択に応じて,系統的に広く、あるいは専門的に深く,自由なスタイルで学ぶことができます。一方,教養学部の他学科との強く柔軟な連携を通じて,より広がりのある学問分野での発展的な学習も可能にしています。

学科長ご挨拶

Message from dean

学科長 平岡 秀一

学科長 平岡 秀一

駒場でサイエンス

自然科学の知を統合して真理の探求・応用をめざす

  統合自然科学科は、現在益々高度化・多様化する、自然科学・技術開発に対する社会の要求に応えて創られた、20年、30年後のわが国の、あるいは世界の自然科学研究・技術開発の分野をリードできる人材の育成を目標とした学科です。自然界の数理構造を探求する「数理自然科学」、素粒子から生体物質まであらゆる階層の物質の真理を追及する「物質基礎科学」、生体と生命現象の本質を探求、あるいはその応用をめざす「統合生命科学」、人間・動物の知覚、意識、行動を研究対象とする研究対象とする「認知行動科学」の4コース、および東京大学で唯一身体運動に係る研究を行う「スポーツ科学」サブコースから構成され、自然科学の世界が持つ深さと広がりの両方を、学生諸君の志向に応じて柔軟で多様に履修することを可能にしています。実際、多くの卒業生が、学位記に加え、副専攻修了証を手にします。卒業研究はコースに限定されず、一定の基準を満たせば希望する研究室で実施できます。
  卒業後は大学院に進学する学生が多く,最終的には大学教員,公的機関の研究員,官公庁の専門職をはじめ,製造業をはじめとする各種企業に就職し,多彩な活躍をしています。
  新しい自然科学を創成してやろうという野心家の皆さん,この学科の歴史を共に築いてゆきましょう。

統合自然科学科長 平岡秀一

学科紹介