学科紹介

Introduction

自然科学の知を統合して新しい分野を開拓する人材を養成する。

統合自然科学科では、さまざまな学問領域を自由に越境・横断することにより、多様な自然科学の知を統合し、新たな領域を開拓できる人材の養成を目指します。また同時に、広い分野での活躍を裏づける高い専門性と、幅広く豊かな知性を兼ね備えた真の「自然科学教養人」を育成します。

本学科は、「数理自然科学」、「物質基礎科学」、「統合生命科学」、「認知行動科学」の4つのコースと「スポーツ科学サブコース」で構成される、柔軟で多様な選択が可能な教育システムです。そこでは、自然の数理的構造を探求する数理科学、原子から生体物質まで広く物質の真理を追求する物質科学、生体と生命現象の本質に迫る生命科学、人間・動物などの個体や集団が研究対象の認知行動科学、さらにはスポーツ科学まで、深さと奥行きと広がりをもつ多彩な科学の世界を,学生自身の選択に応じて,系統的に広く、あるいは専門的に深く,自由なスタイルで学ぶことができます。一方,教養学部の他学科との強く柔軟な連携を通じて,より広がりのある学問分野での発展的な学習も可能にしています。

学科長ご挨拶

Message from dean

学科長 渡邊 雄一郎

学科長 渡邊 雄一郎

駒場発のサイエンス

自然科学の知を多角的に統合して

新しい真理の発見、探求、そして応用をめざす

 

統合自然科学科は、現代社会の自然原理の理解、技術開発に対する期待に応えるため、既存専門の壁を砕き、これからの自然科学を見据えた新たな枠組みを生み出した学科です。現代社会はかつてない速さで高度化、多様化をしています。科学技術の発展も大きく寄与しています。既存特定の学問体系での知識だけでは対応が難しくなり、広範な視点が必要な時代となっているのです。

統合自然科学科では柔軟に個人の志向に応じた多様な学びと体験が可能です。気ままに自然科学の世界の深さと広がりを感じてみたい、はやく専門家になりたい、応用能力を磨きたい、いやいや学理を極めたい、あるいは誰もやらないことをやってみたいなど、自然科学に対する種々の思いを実現できる学科となっています。期待に応えるため選択肢として自然界の数理構造を探求する「数理自然科学」、素粒子から生体物質まであらゆる階層の物質の真理を追及する「物質基礎科学」、生体と生命現象の本質を探求、あるいはその応用をめざす「統合生命科学」、人間・動物の知覚、意識、行動を研究対象とする「認知行動科学」の4コース、および「スポーツ科学」サブコースの教員、先輩たちが皆さんの期待に応えるべく待っています。

「駒場発のサイエンス」には歴史的に自由で闊達な雰囲気があります。2016年のノーベル生理学・医学賞に輝いた大隅良典先生は本学科の前進である基礎科学科のご出身で、既存の理解を超える概念を提唱されたことが評価されました。統合自然科学科の卒業生の中から、自然科学の新たな分野を打ち立てる方が将来も現れることを信じてやみません。

統合自然科学科長 渡邊雄一郎

学科紹介