認知行動科学コース

理系カルチャーに半身を置きつつ心理学の人文的問題全般を扱う

 心理学は伝統的に文系学部に属してきました。しかし、心の解明に対する多彩な現代的アプローチを学ぶには、理科的な手法で文科的な問題に立ち向かい、文理の垣根にとらわれず貪欲に知を追求する姿勢が大事です。認知行動科学コースは、理系カルチャーに半身を置きつつ心理学の人文的問題全般を扱う、世界でもまだ珍しい21世紀型の心の学びの場です。
  本コースでは、心の働きを総合的に把握するとともに、発生と適応の観点からも学びます。文科・理科生が半々である特徴を生かし、予備知識の多少によらず心の実証研究の本質が自然にわかるような授業展開がなされ、互いに高め合ううちに様々な学問分野間を横断する学際性豊かな知識が身に付きます。現代社会への視点と実証科学マインドとのバランスがとれた心の科学の専門家を育てるのも本コースの狙いです。
  主な授業科目には、進化認知科学、認知臨床心理学、神経行動学、心理物理学といったテーマをはじめ、認知行動科学の諸領域を扱う「コース科目」があります。「研究法・方法論・実験I・実験II」と並ぶ必修科目では、小人数で心理学実験法と実践を学び、最先端の手法を身に付けます。「特別研究・卒業研究」を通じて指導教員とともにひとつの研究を完成させます。「他コース科目」では、学融合プログラム「進化認知脳科学」「バリアフリー」等で学べる関連講義や、他学科科目を主体的に履修でき、自身の興味に合わせて多彩な履修計画を作れます。心の先端研究をいっしょに学び究めていきましょう。

研究風景

  • n1
  • n2
  • b6
  • b1
  • n5
  • n6
  • n7
  • b4
  • b2

関連リンク