スポーツ科学サブコース

 スポーツ科学サブコースは、様々な身体運動を、力学・医学・生理学・生化学・心理学の観点から総合的に科学し、運動の成り立ちおよび身体の可塑性について学びます。そして、応用科学であるスポーツ科学を通じて、スポーツパフォーマンスの向上、身体のサステイナビリティの確保などを、総合的に考える能力を養います。
  このコースは、東京大学の中で唯一、スポーツと身体運動および健康に関わる教育と研究を行うコースです。統合自然科学科および学際融合科学科に進学した学生で、このコースに興味があれば、卒業研究(卒論)をスポーツ科学サブコースの教員の元で行うことができます。主な研究テーマとしては、身体運動に関わる運動生理・生化学、バイオメカニクス、トレーニング科学、健康スポーツ医学などです。
  スポーツ科学サブコースで卒業研究を行った学生は、大学院総合文化研究科広域科学専攻生命環境科学系身体運動科学グループへの進学、あるいは各種企業のスポーツ科学研究部門、フィットネス関係などへのブレインとしての就職が期待されます。

研究風景

  • s1
  • s2
  • n3
  • s4
  • s5
  • s6
  • s7
  • s8
  • s9