物質基礎科学コース

 我々の住む世界は、そして、我々自身も、全て物質から出来ています。この物質世界の仕組みを自然科学的に理解し、また利用することにより、今日の科学技術社会が成り立っています。今日では、物質科学に対する社会の要求も益々高度化かつ多様化し、既成のカテゴリーの教育プログラムではそれらに十分に応えられない状況が生じています。統合自然科学科の物質基礎科学コースは、原子、分子、高分子、結晶、新材料、生体といった様々な階層の物質の物理学あるいは化学を、学生諸君の志向に応じて、深く、且つ広く学び、ミクロからマクロの様々なスケールに渡る物質世界に対する、新しい時代のニーズに対応できる人材を育成します。すなわち、従来の物性物理学、原子核物理学、素粒子物理学、物理化学、有機化学、無機化学などの分野を全てカバーする充実した教育プログラムが用意されているだけではなく、さらに、それらの境界領域、領域横断的なところに位置する新しい科目を加え、学生諸君の選択の幅を広げてあります。本コースでしっかり学ぶことにより、物理学的な指向性、化学的な指向性、いずれの学生諸君もその希望を十分かなえられるだけでなく、他の諸学科では決して得ることのできない領域横断的プログラムを学ぶことにより、新しい時代をリードするユニークな人材に育つことを我々は確信しています。

研究風景

  • b10
  • b11
  • b3
  • b12
  • b5
  • b13
  • b7
  • b14
  • b9